ポンクソフト

掲示板1 - PHPとPostgreSQLの連携入門

前ページ PHPとPostgreSQLの連携入門 TOP 次ページ

目次

  1. PHPとPostgreSQLの連携入門
  2. 掲示板1
  3. 掲示板2
  4. 5Wゲーム
  5. 販売管理システム
  6. 画像アップロード掲示板
  7. ショッピングカート

掲示板1

まず、本文だけの簡単な掲示板を作成してみましょう。

テーブルの作成

以下のようなテーブルを「pgbbs1」という名前で作成してください。
列名データ型
contentstext
psqlを使う場合は、以下のように入力します(# はプロンプト)。
# create table pgbbs1(contents text);

プログラムの作成

以下のソースを入力してください。但し
dbname=postgres user=postgres password=postgres
上記の部分は、テーブルを作成したDB名、ユーザ名、パスワードに変更してください。
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>掲示板1</title>
</head>
<body>
<form method="post" action="pgbbs1.php">
本文:<input type="text" size="80" name="contents">
<input type="submit" value="送信">
</form>
<?php
$con = pg_connect("dbname=postgres user=postgres password=postgres");
$contents = $_POST['contents'];
if ($contents) {
  $contents = pg_escape_string(htmlspecialchars($contents));
  pg_query($con, "insert into pgbbs1 values('$contents')");
}
$rs = pg_query($con, "select contents from pgbbs1");
while ($row = pg_fetch_array($rs)) {
  print $row['contents'] . "<br>\n";
}
pg_close($con);
?>
</body>
</html>
入力が終わったら「pgbbs1.php」というファイル名で保存、サーバにアップロードし、実行してみてください。

ソースの解説

$con = pg_connect("dbname=postgres user=postgres password=postgres");
データベースに接続し、接続リソースを $con に返します。接続リソースはデータベースを操作するための関数を呼び出すときに必要となります。dbname がDB名、user がユーザ名、password がパスワードになります。
$contents = $_POST['contents'];
if ($contents) {
  $contents = pg_escape_string(htmlspecialchars($contents));
  pg_query($con, "insert into pgbbs1 values('$contents')");
}
フォームの本文を送られた場合、テーブル pgbbs1 にその内容を追加しています。pg_query 関数はPostgreSQLのデータベースに対してSQL文を実行します。ただし、そのままインサートするのではなく、不正な書き込みを防ぐためにまず htmlspecialchars 関数によってタグを無効化し、さらに pg_escape_string 関数でSQL問い合わせ用の特殊文字(シングルクォートなど)をクォートして正確にインサートできるようにしています。
$rs = pg_query($con, "select contents from pgbbs1");
テーブル pgbbs1 から全ての行を取り出すクエリを実行し、クエリ結果リソースを $rs に返します。$rs は以下の pg_fetch_array 関数で各行を取り出すときに使用します。
while ($row = pg_fetch_array($rs)) {
  print $row['contents'] . "<br>\n";
}
テーブル pgbbs1 の全ての行を取得して画面に出力しています。
pg_fetch_array はクエリ結果リソースから一行取り出し配列に格納する関数です。引数で行を指定しない場合は順番に一行ずつ取り出します。戻値($row)の配列は数値インデックスと列名をキーとして連想配列の両方にデータが格納されます。上記の場合は、$row[0] と $row['contents'] の両方に列 contents の内容が格納されることになります。
pg_close($con);
DBの接続リソースを解放します。
前ページ PHPとPostgreSQLの連携入門 TOP 次ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加 そっか0

このページに関するコメントをどうぞ

お名前:


シャネル サングラス
リーマン・ショックが過ぎ、米国株はどんどんと上昇してしまい、買い時を逃した人も多いはず。
100年に一度と言われたリーマン・ショックですから当然ビビって底値なんかでは買えないわけです。
指をくわえて押し目待ちに押し目なしの状態だった人も多いことでしょう。
しかし、ようやく2016年にチャンスがやって来ました。
2017/07/16 05:31

カルティエ 時計
私の言いたいことは、私がどれほどまでに私はこの腕時計が好きだったことに驚きました。
つまり、はい、それは比較的きれいなダイヤルを好きなことがたくさんありました、そして多くのビンテージの手がかりは、ドームを含む(と)サファイアクリスタルは、過去の高層のアクリル系結晶の感覚を与えます。
しかしそれはクロノグラフ、ですが、私は、率直にその合併症、ユーティリティの多くのために私の人生でありません。
など、デザインは私に似合いませんでした。
ブライトリングのトランスオーシャンクロノグラフが1915年の私のスタンスを再考させるでない間、それは私と一緒に時間を過ごす幸せだったものである。
2017/07/16 03:55


あかさたなは
2017/07/12 18:39


222fffた
2017/07/11 14:49


222あ
2017/07/11 01:56



2017/07/09 13:30

阿部心臓
雷がやばい
2017/07/08 18:18

いいいい
おおおおおおおおおお
2017/07/07 15:07

東洋の魔女
はふはふ
2017/07/07 07:57


日本語が文字化けしてしまいます
2017/07/05 11:49

残りを読む »