ポンクソフト

掲示板 その3 - CGI(Perl)の基本と掲示板作成

前ページ CGI(Perl)の基本と掲示板作成 TOP 次ページ

目次

  1. CGI(Perl)の基本と掲示板作成
  2. ブラウザに文字列を表示する
  3. アクセスカウンタを作る
  4. フォーム内容を表示する
  5. 占いプログラムを作る
  6. 掲示板 その1
  7. 掲示板 その2
  8. 掲示板 その3
  9. 掲示板 その4

掲示板 その3

さらに掲示板に機能を拡張して行きます。
今回新たに行なうこと

プログラム

以下のプログラムをテキストエディタで入力してください。
#!/usr/bin/perl

# 掲示板 その3

require "cgi-lib.pl";

print "Content-type: text/html; charset=Shift_JIS\n\n";

# フォーム部分を表示する
print <<EOL;
<html>
<body>
<h2>掲示板</h2>
<form method="post" action="bbs3.cgi">
<table>
<tr>
<th>タイトル</th>
<td><input type="text" name="title" size="40"></td>
</tr>
<tr>
<th>メッセージ</th>
<td><textarea name="message" cols="60" rows="5"></textarea></td>
</tr>
<tr>
<th>お名前</th>
<td><input type="text" name="namae" size="30"></td>
</tr>
<tr>
<th>e-mail</th>
<td><input type="text" name="mail" size="30"></td>
</tr>
<tr>
<th>&nbsp;</th>
<td><input type="submit" value="送信"></td>
</tr>
</table>
</form>
<hr>
EOL

&ReadParse(*form);

# フォームの値を取得
$namae = $form{"namae"};
$mail = $form{"mail"};
$title = $form{"title"};
$message = $form{"message"};

# ログファイル読み込み
open(IN, "bbs3.txt");
@log = <IN>;
close(IN);

# メッセージが入力されているときは書き込み処理を行なう
if ($message ne "") {
  # タグの無効化
  &deltag($namae);
  &deltag($mail);
  &deltag($title);
  &deltag($message);

  # 改行を<br>に変換
  $message =~ s/\r\n/<br>/g;  # Windows系(\r\n)
  $message =~ s/\r/<br>/g;  # Mac系(\r)
  $message =~ s/\n/<br>/g;  # UNIX系(\n)

  # ログ先頭に書き込み内容を格納
  unshift @log, "$namae\t$mail\t$title\t$message\n";

  # ログファイルにロックをかけて書き込み
  open(OUT, "+< bbs3.txt");
  flock(OUT, 2);
  truncate(OUT, 0);
  seek(OUT, 0, 0);
  print OUT @log;
  close(OUT);
}

# ログ表示
foreach $data (@log) {
  chop $data;
  ($namae, $mail, $title, $message) = split(/\t/, $data);
  print $title;
  print "&nbsp;&nbsp;投稿者:";
  if ($mail ne "") {print "<a href='mailto:$mail'>";}
  print $namae;
  if ($mail ne "") {print "</a>";}
  print "<br><br>\n";
  print "$message<br>\n";
  print "<hr>\n";
}

print "</body>\n</html>\n";

# タグを除去するサブルーチン
sub deltag {
  $_[0] =~ s/</&lt;/g;
  $_[0] =~ s/>/&gt;/g;
}
入力が終わったら、「bbs3.cgi」という名前でサーバにアップロードし、パーミッションを755にしてください。さらに空のログファイル「bbs3.txt」をサーバにアップロードし、パーミッションを666(読み書き可能)にしてください。
その後bbs3.cgiが動くかブラウザで確認してください。

プログラムの説明

今回はテーブルを使ってレイアウトを整えています。フォームの新しい項目として、タイトル、e-mailが増えています。
<td><textarea name="message" cols="60" rows="5"></textarea></td>
複数行のテキスト入力フィールドを表示している部分です。他のフォーム部品とは違い、閉じタグが必要なので注意してください。cols属性は幅、rows属性は高さを文字数で指定します。
# タグの無効化
&deltag($namae);
&deltag($mail);
&deltag($title);
&deltag($message);
名前・e-mail・タイトル・メッセージそれぞれの文字列のタグを無効化している部分です。このように同じ処理を何度もしなければならないときは「サブルーチン」を使います。「deltag」がサブルーチン名、カッコ内は引数と言います。サブルーチン本体の書式は以下のようになります。
sub サブルーチン名 {処理}
上記プログラムでは最下部にサブルーチン本体があります。
# タグを除去するサブルーチン
sub deltag {
  $_[0] =~ s/</&lt;/g;
  $_[0] =~ s/>/&gt;/g;
}
この部分です。$_[0]はサブルーチン呼び出しからの引数が入ります。
&deltag($namae);
この部分を例に説明すると、まず$namaeを引数としてdeltagサブルーチンが呼び出されます。呼び出された側ではまず変数$_[0]に$namaeが入り、$_[0]のタグを無効化しています。結果として$namaeのタグが無効化されることになります。
# 改行を<br>に変換
$message =~ s/\r\n/<br>/g;  # Windows系(\r\n)
$message =~ s/\r/<br>/g;  # Mac系(\r)
$message =~ s/\n/<br>/g;  # UNIX系(\n)
フォームから<textarea>タグで複数行の文字列を送った場合、改行したところには改行を表わす文字コードが入りますが、それをHTMLで表示しても改行されませんので、改行を表わす<br>タグに変換している部分です。
ただし、改行を表わす文字コードはコンピュータの種類によってまちまちになります。Windows系は\r\n、Macintosh系は\r、UNIX系(Linuxなど)は\nという改行コードになるので、どの改行コードが来ても<br>に変換できるように処理を行なっています。
# ログ先頭に書き込み内容を格納
unshift @log, "$namae\t$mail\t$title\t$message\n";
名前・e-mail・タイトル・メッセージの4つの項目をタブ区切りで配列先頭に格納しています。
($namae, $mail, $title, $message) = split(/\t/, $data);
タブ区切りで格納されたデータから各項目を取り出しています。
if ($mail ne "") {print "<a href='mailto:$mail'>";}
print $namae;
if ($mail ne "") {print "</a>";}
e-mailが書かれたときのみ名前にメールへのリンク(mailto:)を追加しています。
前ページ CGI(Perl)の基本と掲示板作成 TOP 次ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加 そっか0

このページに関するコメントをどうぞ

お名前:



llllllllllllllll



アぁーーーーーーーーーーーー♂
2017/02/18 17:55


ばか
2017/02/15 13:54

あああ
ああ
2017/02/14 14:53



2017/02/04 18:05

やな
だだ
2017/01/15 22:47


sdふぁk
2017/01/10 16:27




2017/01/10 15:09


ああ
2017/01/10 15:09



2017/01/10 15:09



2017/01/06 14:10

残りを読む »